マイタウン(MyTown)| 愛知の本専門古書店
マイタウン|東海地方(名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡)の郷土史本(新本・古本)専門店マイタウン|東海地方(名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡)の郷土史本(新本・古本)専門店

■影印 武功夜話

「他見無用」「門外不出」の秘本を原文で公開

 愛知県江南市前野町の旧家、吉田家の土蔵が伊勢湾台風で壊れ、偶発的に発見された戦国史料『武功夜話』。そこに書かれていたのは発見のされ方以上に衝撃的な内容だった。これが吉田蒼生雄氏によって全訳『武功夜話』全五巻(新人物往来社刊)として活字化されると、この種の本としては異例の売れ行きをみせた。

 ところが、反響が大きければ大きいほど、これに対する疑問や批判も出だした。その最たるものは偽書と言われ出したことだ。これには「他見無用」「門外不出」とされ、原文が公開されていないことにも一因した。

 あの伊勢湾台風から約60年。蒼生雄氏は「これ以上、我が家に封じ込めてはおけない。いまは知らせる義務と責任がある」と公開を決断された。これから始める影印での刊行により、各方面から様々な研究がなされることに期待している。

 吉田家には『武功夜話』と題された本が10種類ほどある。完成度も高く完結しているのが「21巻本」と言われている写本。先に活字化された1巻から6巻までは比較的新しい本を使用し、7巻からが「21巻本」に依っていた。

 これは当初、蒼生雄氏が身内向けとして取り組まれていたからだ。その後、出版の話に発展し、急きょ「21巻本」になった。今回は1巻から21巻までを統一的に使用し、しかも影印で出版してゆくことになった。

 本はB5判・200頁前後。1、2巻に続き、順次発刊の予定。本体各3500円(200部)。これからにご期待下さい。

 

 

 


愛知の本専門古書店
MyTown(マイタウン)
E-Mail:こちら
〒453-0012 名古屋市中村区井深町1-1(新幹線高架下)
TEL:052-453-5023 FAX:0586-73-5514
無断転載不可/誤字脱字等あったら御免